fx教材 比較ランキング

初心者のためのFX講座|FXとは?

〜はじめに〜FXとは?

FXに興味はあっても具体的にどんなものかわからない方のために、
FXについての基本知識をまとめてみました。
FX入門者の方に参考になればありがたいです。

 

FXとは何か?

 

FXとは、外国為替証拠金取引のことです。英語では、margin foreign exchange tradingと言いますが、海外では、Forex(Foreign exchange)と呼ばれる方が一般的で、外国為替証拠金取引き全体の総称としてFXと呼んでいるのは、日本だけです。

 

では、その外国為替証拠金取引きとは、どのようなものでしょうか?

 

まず、証拠金について説明しますが、FXの取引するためにはまずFX業者に口座を開き、その口座に一定の金額を預け入れる必要があります。この金額がいわば担保として取り扱われトレードが行われるのです。この担保金のことを“証拠金”と呼んでいるのです。

 

そしてその証拠金を元にして、米ドルと日本円、ユーロと日本円など2国間の通貨を売買して取引を行うのがFX取引です。また、取引の際にこの証拠金の何倍もの金額でトレードを行えるのがFXの最も大きな特徴であり、また最大の魅力でもあるのです。この元手の何倍もの額で取引出来ることを“レバレッジ”と呼びます。

 

もう少しこのレバレッジを具体的に説明しますと、例えば、1ドル100円の時に1000ドルを持ってアメリカに行き、1000ドル分の買い物をしたとします。通常の場合あくまでも、10万円=1000ドル分の買い物しか出来ませんよね。でも、FXの場合には、10万円の小額しか持っていなくても、その金(証拠金)を担保として、数倍、数十倍もの取引ができてしまうと言うことです。

 

もちろんこの場合、メリットだけではなく、デメリットも多くあります。

 

レバレッジの倍率に関してはFX業者によって違うのですが、仮に元手10万円で1ドル100円の時に10倍のレバレッジをかけて、1万ドル分を買ったとします。そして円安が進み1ドル101円の時に売るとすれば、一気に100ドルの儲けが出ますが、逆に円高が1円進んだだけで、同様に100ドルの損益も出るということになります。

 

それがもし、リーマンショックの時のように、急激な円高ともなれば、一晩で大きな損失を出すことになるかもしれないのです。

 

FXはもともと、ハイリスクハイリターンが魅力でもあり、そのことがギャンブル性が高いといわれる所以です。ですので、そのFXで安定的な利益をあげ続けるためには、徹底的なリスク管理を行うことが最も重要なのです。

 

近年では法改正も進み、FXにおける投資環境も随分と整備されてきましたが、FXに限らず、投資とリスクは常に表裏一体のものですので、ギャンブル感覚の安易な投資だけは絶対に止めた方がよいでしょう。

 

 

次ページ|FXと外貨預金、株の違い

 

 

 

 

⇒FX教材の最新人気ランキングを見る